スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コザ的なが~い1日 3月4日

週末、基地の中と外でフリーマーケットが開催されているらしいのは聞いていたが、今回初めて体験した。
早朝、けっこうな人がやってくる。車は一杯だ。
待たされ、やっとの思いで基地内に通された。
20060306223926.jpg
合衆国に帰国する家族などが、おもいおもいの品をマイカーのトランクを開け、シートを前に敷いて、待ち構えている。
家族構成や趣味、価値感などがみなそれぞれあって飽きない。20060306223948.jpg


使い込んだただの椅子の魅力を限りなくみつけてラップのように叩き売りする人や
自分のひろげた市の前で、交渉の余地なく一方的に踊り続ける人など
自由だった。

基地を出て少し行ったところに、ウチナーンチュの蚤の市的なフリマストリートが展開していた。20060306215056.jpg
古着や食材、置きモノなど、中でも丸のこやインパクトなど中古工具関係が多かったのが面白かった。

昼、フリマからほど近いところで、築100年の古民家の解体があった。
20060306215147.jpg
写真右のチャリはフリマでゲットしたもの。アジア系の若夫婦の使用していたチャリだ。おそろいでもう一台あった。ベビーも乗れる椅子が着いており、当面実用化するアテはないがなぜだか気に入ってこれにした。
20060306215124.jpg
塀の高さが、修正されている。ブロック2コ分の高さを継ぎ足している。継ぎ足された年代はいつ頃からなのかな。
元々の高さは胸くらいだ。現代に比べ昔の人の身長が低いとはいえ、家の中でくつろいでいても、ゆうにストリートからアイコンタクトができただろう。家のつくりも風邪通しのいい開放的なつくりであるし、個人はもちろん、家をも通り越して、地域がひとつの島として、私的な空間のようだったのではとふと思う。他島にでるときこそが公共性を帯びてくる。
と仮定すると、やっぱり戦後かな。あたりまえか。。20060306215201.jpg

個人主義が入ってきてすぐではなく、少しずつシフトしていったのかな。アダムとイブが禁断の果実をかじって以降、裸体を恥ずかしがるようになったのとなんか似てるなア。そういえば、沖縄にもそれに似た古宇利島の伝説があるようだ。。脱線した。
20060306215241.jpg

赤瓦屋根の構造が断層になっててわかりやすい。
垂木を這わせて、その上によしずを敷き、土を被せて、瓦を雄雌並べる。
そうとうな重さだよなあ。
20060306215222.jpg
イヤェイ


午後からは、安慶田小学校創立60周年記念式典
近所の小学校で、子どもたちやPTA、
先生方にはいつも協力して頂いてお世話になっている。
スタジオ解放区では、さまざまな準備、記念Tシャツ、撮影など協力。
銀天街からは、そばやアンダギー、2次会の会場づくりなどだ。
20060306215315.jpg

式典のなかで、銀天街青年部の活動を讃え、感謝状が送られる場面もあった。
20060306215332.jpg
いちおうこうみえても青春真っ盛りの青年部。。
20060306215525.jpg
カメラに取材されてる。といってもわたくしめが撮っているのですが。。
20060306215347.jpg
婦人会のおどりや子どものダンス、教頭先生たちのロックなど、かなり変わった式典だ。
最後には歴代校長も元生徒もぐちゃぐちゃのカチャーシー。

夜はこの日のために準備とシュミレーションを重ねた多目的ホール「ゆらてぃく館」復活オープン。
館長曰く、「何かが始まろうとしている。。」
20060306215414.jpg

マスターと館長。2人は似ている。20060306215429.jpg


20060306215459.jpg
竜宮さながら、乙姫たちの幻想的踊りはエンドレス。
20060306215442.jpg

さすがに目眩がしてきた。

今夜は、ゴヤでもキムチの集まりがある。銀天街からバスでゴヤに移動。パークアベニューにある「せりかの店」に集う。韓国の方が経営する喫茶店だ。ここでは韓国語講座やキムチパーティーをひらくなど、地域の熱い有志たちが支え、交流を促す。20060306215541.jpg
コザにあって、さすが国際交流文化都市の意識が高い。
このあと、活火山のようにとても熱い討論が繰り広げられる。泡盛が注がれたコップも幾度となくこぼれ落ちる。
メンバーのひとりである八百屋さんはコザの精神的支柱。体内の細胞液がマグマでできているような人だ。沸々としてきたらだれにも止められない。

20060306215558.jpg
今話題の「なんだこりゃ~沖縄」の著者、わうけいさおさんもそのひとり。
これを読まずして沖縄は語れない 。→http://www.borderink.com/

このあと、向かいの「コザクラ」に移動。ディープコザの縮図的存在感のあるお店。B級を提唱する。コザの最新コミュニティー発信基地だ。コザクラ→http://kozakura.ti-da.net/

深夜、徒歩帰宅。
とある、コザ的ながい1日の幕が降りる。
銀天街に着くと、安慶田小60周年の気配がまだ残っていたが、明日の為にグッとこらえ、早足で素通り。無事ふとんで休まる。
  1. 2006/03/07(火) 00:19:04|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<猫の木 | ホーム | イベントお知らせ>>

コメント

おっす!こんちわ。
人と会って、、、たしかに人に会わざるを得ないです。会いたくなくても老若男女がだまってないです。
歴史だらけです、。沖縄の地に一歩足を踏み入れたらそこはもう琉球社会。
歴史認識なくして生きていくことはできません。
おいしいものだらけ。。制覇してください。
本気で考えて下さい。
人生第2のふるさとに加えてみて下さい。
老若男女一同心よりお待ちしています。
  1. URL |
  2. 2006/03/10(金) 01:55:12 |
  3. りょうじ #-
  4. [ 編集]

こんにちは。AAFでお会いしたコミュニティアート・ふなばしの山本です。

ながい一日の中で、人と会って、歴史に思いをはせ、おいしい食べものを食べる。…いいなあ。
沖縄に行きたい度が急上昇しました!!
なんとかしてAAFの期間に行きたいと思います。本気で考えよう。
  1. URL |
  2. 2006/03/08(水) 07:05:02 |
  3. よしみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurosio.blog4.fc2.com/tb.php/55-d8af62b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。