スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイムラグ報告。。

沖縄の日差しにも秋の気配が感じられる今日この頃
みなさん どのようにお過ごしでしょうか?
力不足でブログアップをしっかりさぼってしまいました。藤森です。
夏の映画時間では、本当にお世話になりました。
おかげさまで無事終わり
映画祭を通じて『銀天大学』なるものが誕生!!
銀天大学は、
地域のお宝(人、物、場)を交流を通じて学ぶ、老若男女の大学です。
アーティストにとっては創作の原石がごろごろしている場に。
コザや銀天街なんだか気になるという皆さんには気軽でディープな入り口に。
街にとっては、
人が人を呼ぶ街の未来へのエネルギーを生み出す場になればと思っています。
最近はその準備をしている解放区です。
みなさん時間があるときはアイデアだしにきてください。
みなさんの活躍する場です。
来月の旧暦13夜(10/23)には、「銀大十三夜夜会」を行う予定。
またお知らせしますので、スケジュールあけておいていただければ幸いです。

銀大のお知らせもいろいろしたいのですがその前に 
途中でストップしたままの映画時間の報告を。。。



長期で内容も盛りだくさんとなった今回の企画。
古堅さんが自分のブログで映画時間を日々紹介してくださって、本当に感謝です。
今回でやはり映画時間としての醍醐味を味わえた 夜の上映の様子から報告です。
第六夜まで様々な場所で上映会を味わえました。(前回紹介したのは第一夜)

■島袋琉映館での一日限りの上映会
simabuku1.gif
かつては映画館だらけだったコザ。
上映をやらせていただいたこの島袋琉映館も八月で閉館に。
沖縄市の現役映画館は現銀天街近くのコザ琉映館だけになりました。
(今では成人映画のみの上映)
お家にテレビがなかった頃、みんなの娯楽は映画。
大きなスクリーンを前にみんなで笑いみんなで涙する時間というのは、
小さな画面を一人でみる体験とは全然違うものでしょう。
simabuku2.gif
映画時間のプログラム上映の様子。
映画をみるための空間で映像をみていただけるというのはすごく貴重な体験でした。
もっと進行や企画を練って望めれば良かったなぁという反省をしつつ、
大画面の迫力に圧倒。
simabuku3.gif
映写機です。とても大きい。
今回はプロジェクターでの上映だったので動いているところはみれなかったのですが、
映写技師さんがまわすところみてみたかったですね~。
これも使わなくなってしまうとはもったいない限り。
今回たまたまだったのですが、閉鎖前に映画館をささやかながら紹介できて 
映画時間をやってよかったなと思うことの一つでした。

■第二夜 中乃湯での上映会
心のオアシス 究極の生活美 街のゆんたく空間中乃湯で上映会をやらせていただきました。
nakanoyu.gif
番頭のシゲさんが故郷の思い出の歌を唄っている「中乃湯の唄」を
みんなが湯船(中乃湯では池と呼ぶ)につかりながら鑑賞。
やはり銭湯では唄が合います。ライブ企画とかやれたら良いなぁ。
nakanoyu2.gif
こどもたちとのワークショップでうまれた作品「子ども探偵団モンガモンジモルゲッソヨ」の予告編 
中乃湯での上映は新聞でも紹介されたので、今回をきっかけに
銭湯の存在を知ったかたも多いようでした(近くに越来湯もあります) 
この日の昼は銭湯探しワークショップも行われました(様子は第二弾で報告)

■第三夜 マガラップでの上映会
山内の住宅街にある素敵なバーでの上映会。マスターは、元祖ボーっとクラブ会長です。
銀天街での活動をし始めた頃とてもお世話になりました。
magarappu1.gif
この日は、山内に住むアーティストの徳元佐和子さんのスライドショーと、キクプロジェクトの映像作品の上映。
復帰っ子(本土復帰の年生まれ)の佐和子さんならではの沖縄への眼差しが印象的なスライドショーでした。
集団という共同製作にこだわるキクプロジェクトの上映後に自然にディスカッションがおこりました。“わからない”という出会いはわかろうとする行動をうむものです。映画時間の期間中もキクプロジェクトの撮影は継続。リーダーの西村くんは制作に対してとてもストイックで常に現在進行形。

■第四夜 旧盆 銀天走馬灯
ご先祖様を迎え ともにすごし 送る 
旧盆の3日間は特別な時間が流れます
重箱を包んだ風呂敷をもっていそいそと歩く人々 
凛々と輝く満月 
空に響く太鼓の音
エイサーが街を包みます
soumatou4_2.gif
大通りもスージー(細い路地)でも道ジュネー(練り歩き)
soumatou4.gif
みんな チムドンドン (この音が聞くと血が騒ぐのです)

夕暮れから夜中までつづくエイサー 
そんななか深夜12時から3時までという異例な時間帯に
銀天街のあちこちを使った上映会がありました。
銀天走馬灯(林僚児)こんな時間にお客さんくるかなと思いきややはり旧盆
エイサー見物帰りのみなさんが足を運んでくれました。
旧盆の中日、銀天街の惣菜の店丸島は深夜12時から仕込みをしだして
翌日昼間でぶっ通しで営業するのです。
旧盆という特別な時間の流れのなかでみる銀天走馬灯をみていると
お盆で帰ってきたご先祖さまや 忘れていた自分の記憶。
いろんな人の走馬灯を ゆっくりゆっくりみているような不思議な気分になりました。
soumatou1_1.gif
あたら商会のアトリエとのコラボレーション 
水沢さんの作品のシルエットと子どもの映像がシンクロして
忘れてた子どもの頃の記憶を想いだせそう。
soumatou1_4.gif

soumatou1_3.gif

soumatou1_2.gif


soumatou2_3.gif
惣菜通りの空き店舗のガラス戸につもったホコリがそのままスクリーンになります。
なかをのぞけば店をしめた日付のカレンダーが。
この場所で一夏練習したシチグヮチ祭りの映像が流れます。
場所の記憶 銀天街の走馬灯
soumatou2_1.gif

soumatou2_2.gif
店舗内からの様子

soumatou3_1.gif
実際の場所が大画面に投影され そこで 
小学生だった少年が5年の年月で青年になっていく。

soumatou.gif
遠くに聞こえるエイサーの音と銀天街に響く オルゴール?の不思議な音 映像インスタレーションの音の制作はクバプロジェクトを一緒にやった菊原清史 商店街のスピーカーを使用してしかけました。息のあったコラボレーションで 銀天街の夜の不思議な魅力を開花。


後半戦は第二弾で!
  1. 2007/09/25(火) 03:07:16|
  2. 映画時間 AAF2007
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<お知らせ | ホーム | 8月19日 映画時間 第一夜>>

コメント

記事拝見しました。
寂れた映画館やシャッターの閉まった商店街を使っての”町おこし”
アイディア満載で、衝撃です。
エネルギーを感じました。
一人のアイディアではなんともなりませんが、これだけの企画をこなせるスタッフ皆さんの結束力に感心しています。
これからも頑張ってください。
  1. URL |
  2. 2007/10/01(月) 17:19:51 |
  3. issa #-
  4. [ 編集]

大変お疲れ様でした、ご苦労が偲ばれます、
此れは古堅さん始め関係者の皆さんにしか判らない、ご苦労が有ったと思います、此れからも頑張って下さい、期待しています
  1. URL |
  2. 2007/09/25(火) 10:44:11 |
  3. coco #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurosio.blog4.fc2.com/tb.php/130-765c3cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2007/09/29(土) 09:31:12 |

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。