スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤さんありがとうございました

コザの街歩き映画祭出品作品制作中
sisimayoi.jpg


 6月22日から一週間、アーティストの藤浩志さんがスタジオ解放区に滞在制作にいらしてくれました。暑い暑いクーラーなしの扇風機生活もなんのその、藤さんは生産的な日々でした。映画時間のプログラムで藤さんの作品もご紹介できます。滞在中に手掛けた、ペットボトルの獅子舞は藤さんのお供として、富山県の氷見市でのアートプロジェクトに登場予定! 
濃い一週間、あっと言う間でした。自分達の活動に足並みを合わせてくださり、絶妙な距離感で観察し、みんなにアドバイスをくれる。
活動紹介のレクチャーもしてくださり、改めて藤さんのスタンスと生き方を知り、かなり勉強になりました。
スタジオ解放区にかかわっているメンバーも藤ブームといえるほど、藤さんの影響をいろんなかたちでそれぞれが受けとっています。
人に影響を与えていくことは、街に影響をあたえること。
街使いの藤さんは獅子舞をお供に世界の街を旅します。


藤さんのレクチャーのなかでの名言を少しだけですが紹介したいと思います。
もっとききたいというかたは、レクチャーの記録ビデオが解放区にあるのでみにきて下さい。

※美術とは、何でもないことがすごいものになるときのエネルギー。
パプアニューギニアのボロボロのやせ犬が、野豚を狩る時はおおかみになる。

※自分は、街のしくみをつくって街の風景をかえていく『街使い』である。
地域社会にイメージを描き、適正技術と協力関係でつくる。

※未完成の魅力には、作りたいという意識のある人が集まる
スタジオ解放区は、未完成の魅力がるので、そこでは多種多様な出会いで『対話と実験』が大切。

※活性化という概念を疑った街づくり。今の中心市街地では外では売っていないものを売る必要がある。(学習、自己実現、交流 など)

多忙な日々を送りながらも
現場でひとつひとつの出来事や物事にきちんと向き合う藤さんのスタンスに
頭が下がりました。
一週間ありがとうございました。
映画時間にむけてがんばります!
  1. 2007/07/04(水) 05:09:10|
  2. 映画時間 AAF2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画時間~コザ街歩き映画祭~プレイベント決定! | ホーム | 藤浩志ブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurosio.blog4.fc2.com/tb.php/121-fc932be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。