スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トークイベント 「災いの彼方此方」〜オナガワ✕オキナワ故郷の行方〜

アサヒアートフェスティバルの交流支援プログラムで
2010年夏にコザにきてワークショップをおこなった海子さんが
震災後に対話工房の活動をスタートしました。

レポート

対話工房


そして再び、コザで海子さんとの企画がうまれました。
トークイベントです。
是非ご参加下さい
当日は、ユーストも行います。


トークライブ&ミニ写真展「災いの彼方此方」〜オナガワ✕オキナワ故郷の行方〜
内容=============================================
【日時】 2012年5月20日(日)15:00オープン 16:00スタート
【場所】 cafe bar George 沖縄市大里2-28-18サンライズマンション7階
【参加料】トークライブ1000円(ワンドリンク付き)/ 交流会1000円(軽食付きドリンク別)
*トークライブ終了後、交流会を行います。お時間のある方はぜひご参加ください。
【お問合せ&申し込み】okinawakoza@live.jp
1名前 2電話番号 3メールアドレス 4交流会参加の可否 を書いてお申し込みください(予約制)
【主催】 対話工房 スタジオ解放区 SHARE
16:00- トーク「災禍で紡がれる対話と物語」 海子揮一(対話工房主宰)
17:00- 対談「災いの彼方此方」〜オナガワ✕オキナワ故郷の行方〜
パネリスト:海子揮一、ティトゥス スプリー、林僚児
19:00- 交流会


2011.3.11東日本大震災
大切な人やふるさとやまち、
当たり前に繋がっていたものが突然無くなってしまった

だれにでも、「災い」は突然やってくる
でも、人は「災い」の中でも、生きるために
そして、忘れないために語り継いできた

一度無くなった繋がりを創造している女川の今
かつての大きな「災い」と共にある沖縄の今
両者が語り合うことで、これからの物語が生まれてくる


taiwa_okinawaチラシウェブ画像をクリック☆




スポンサーサイト
  1. 2012/05/17(木) 15:20:40|
  2. コザクロ2012シチビアート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回ユッカヌヒー玩具市 参加者募集中!

シチビアート2012第二弾 『ユッカヌヒー玩具市』 参加者募集中!


 旧暦5月4日ユッカヌヒー(四日の日)は子どもたちの健やかな成長を願う日。沖縄ではその昔、ユッカヌヒーに玩具を買う風習がありました。年に一度、ハーリーの日には玩具市が立ち並び、色鮮やかな琉球張り子が当時のこどもの身を躍らせ、いつまでも大切にしたといいます。年中おもちゃを買ってもらえる現代とはひと味違った「こどもと玩具の親密な関係」がそこにはありました。現代社会において失われたユッカヌヒーの風景。旧暦の行事にちなんだシチビ(節日)の賑わいが残る沖縄市銀天街で、年に一度、クリエイターが腕を振るい、子どもたちにとって待ちに待った楽しい『ユッカヌヒー玩具市』の風景を一緒につくりませんか?

23日は、慰霊の日。
子どもたちの未来が幸せでありますように。


◆募集内容 
a. 「てづくりおもちゃ大集合!」手作り玩具の販売  
b.「つくって遊ぼう!」手作り玩具のワークショップ

※おもちゃの内容は、幅広く考えていただければと思います。
こんなのは大丈夫?などお気軽にご相談ください



※シチビアートは
アサヒアートフェスティバル2012参加プログラムです
アサヒアートフェスティバル

ユッカヌヒーウェブ用
  1. 2012/05/14(月) 10:32:55|
  2. コザクロ2012シチビアート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。