スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤い空の街

20061223201930.jpg

20061223201943.jpg

日が沈んでからコザの街の空は、うっすら赤くなる。
基地のオレンジ色の光が空を赤く染める。
赤い空の下、薄暗いすーじー(路地)を銭湯やおでん屋に向けて散歩している時が、いちばんコザにいることを感じる。
湿度が高いくもりの日は、よけいに赤くなる。
この日も、おでん屋にいきながら空をみあげたらいつもにまして赤く、
もっていたデジカメで思わず記録した。

後から、気がついたのだけれど、
その日は、12月20日
今から、36年前の1970年12月20日は
アメリカァに対してのコザの人々の怒りが爆発した日。
“コザ暴動”のあった日。
米軍人と沖縄の男性の間での交通事故がきっかけで、
今まで米軍人がおこしたひき逃げや死亡事故が適切に裁かれてこなかったこともあり
コザの人々は、黄ナンバー(米軍人)の車を次々と横転させ、放火した。
コザの空は赤く染まった。

銀天街にきてから、この日の出来事について皆さんの体験談を聞いてきた。
忘年会シーズンでみんな酒が入っていたけど、怪我人はいなく、
もちろん暴動にまぎれての窃盗などもない。
黄ナンバーの車をわざわざ道路の中央に移動させてから放火。
特にリーダーもいないなか、秩序のある暴動であったらしい。
(詳しくは、コザの八百屋のひとり言 の9月21日コザ暴動・コザ精神を必見です)
沖縄市「コザ」は、基地の街。
戦後、人々がふるさとを生きるために離れたどりつき築きあげた街。
明日戦地へ出兵する軍人たちがお金をおとした街。
基地のおかげで食べていける人たちが住んでいる街。
基地のせいで暗い事件がたくさんおこった街。

この街の空が赤くなくなる日は、何十年か先に、果たしてくるのであろうか。



20061223201959.jpg

20061223202011.jpg

コザ暴動の時に、自分のカメラで、放火された車を翌朝一台ずつ撮っていったという
比嘉さん。(コザ十字路にある記録や収集が色々すごいメガネ屋さん)
倉庫からその写真の一部をみつけたといってみせてくれました。
熱い体験談とともに。その時に
「コザのDNAは、けして途絶えない」と発言。
コザのDNAってなんですかと聞くと、「横のつながり」とおっしゃってました。
比嘉さんは、写真だけでなく、16ミリフィルムで映像の記録のたくさんもっている。
かなり貴重な映像が眠っているはずです。
この街は、底なし。

ちなつ
スポンサーサイト
  1. 2006/12/23(土) 21:00:09|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀天街 屋台まつりスタート

銀天街の青年部が主催となり、商工会議所などの予算による
「屋台まつり」がはじまりました。毎月第二土曜日です。
多国籍なコザらしく、インド、台湾、ペルー、韓国などの屋台もあり今後の定着が楽しみです。
20061212193532.jpg
今回は,天ぷら同窓会も合同で行なわれ、盛り上がりました。
(団塊の世代の人たちは、高校生のころ、今の子がコンビニで買い食いするように十字路で天ぷらやぜんざいを買い食いしていた。ので、当時を懐かしみつつ未来を語る「天ぷら同窓会」)

自分たちは、台湾のアーティストのスーさんと一緒に「台湾食堂」で参加。
メニューは、水餃子、ヤキビーフン、黒米のデザート。どれも絶品!
スタジオ解放区レギュラーのひなた(小3)も朝からお手伝い。20061212193555.jpg

20061212193949.jpg



先週は、屋台まつりにむけて、商品棚を組み立て直し、ペンキを塗っての「手作り屋台」をみんなで制作。街づくりに興味のある地元の高校生や、偶然通りかかった高校生(去年のシチグヮチメンバー)も参加で、商店街や近隣の方々で、十代~七十代の共同作業となっていました。
地元のことを地元のみんなでやるのは、とても良い雰囲気です。

今後、どんな風に盛り上がっていくか楽しみ。
解放区はどんなアクションでからむか作戦を練りましょう。


台湾食堂で参戦した、スーさんは、鋭い直感とパワフルな行動力の持ち主。
コザで何かするなら、基地の街としてのアクションが必要ね。とプランを膨らませてました。先日、那覇の小学校で行なわれたスーさんのワークショップ「トヨタ こどもとアーティストの出会い 1年0組 わかさ発見伝」も2ヶ月かけて丁寧に子どもたちを導いた良質のものでした。子どもたちが先生になって、沖縄に住んでる外国人に、地域の魅力を伝える授業をするという内容。20061212193630.jpg

  1. 2006/12/12(火) 19:42:20|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紹介

先日、福岡でアートプロジェクトをしているミュージアム・シティ・プロジェクトのミヤモトさんたちがスタジオ解放区を見学?にきて下さいました。こちらの都合で、急ぎ足の紹介しかできなかったにもかかわらず、ミヤモトさんのブログ等で素敵に紹介してくださってます。
MCPブログ 沖縄アートスペースとメシネタ少々

ミヤモトさんのブログからはたくさんのアート情報がキャッチでき、すごい。今回も、事前に解放区ブログで情報をゲットしていたようで、銀天街で三幸をみつけた瞬間に「あっ!三幸!!!」と喜ばれていたのも納得~。
  1. 2006/12/08(金) 00:12:26|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アサヒアートフェスティバル選考会

アサヒアートフェスティバル2007の選考審査会に行きました。

那覇空港に向かう途中、那覇マラソンやってました。

20061207050059.jpg
もうすぐ沖縄マラソンもあるんだよな~。去年初めてフルマラソン体験したけど、も~大変だったな~。気持ちよかったけど。沿道いっぱいにずーと続く応援する地元の人たち。すごかったな~。

羽田空港に着いて、降りた瞬間、ひんやり。

そして、浅草の駅の地下20061207050110.jpg
なんだか、銀天街的雰囲気。

20061207050120.jpg
地上に出ると、うっう○こが飛んでいる。いやっビールが噴出しているデザインなのかなあ。アサヒビールのビルです。あそこで選考会です。

選考会の審査の様子は、藤浩志さんのブログにレポがありました。 

アサヒアートフェスティバルの面白いところは、それぞれの開催地における企画ということと同時に、アサヒアートフェス実行委員として全体を企画していくところ。それぞれの地域でやりながら、日本全国の各拠点が結集して全国規模で思考や仕掛けを展開する。まだまだ過渡期で、未知数な可能性に満ちている。

帰りに、とりのマークの拠点「コグマ」に寄りました。この間長野県茅野市民会館での公演はとてもすがすがしい良いものでした。
20061207050129.jpg
でも、火・水は定休日。みなさんも気をつけてくださいね~。
ブレてますが、三村さんとカコアの徳永さんです。
  1. 2006/12/07(木) 06:34:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必見

アートマネジメント総合情報サイト ネットTAM
今月のコラムリレーはなんとスタジオ解放区・林僚児です。

今までの活動をふりかえった 熱い文章。
〆切りをすぎても 徹夜でねばり
なんとか書き上げた力作?!

コラムリレーのバトンをわたしたのは
アサヒアートフェスティバルで知り合った ティアラこうとうの森さん
コザにもきてくれました。

必見ですよ。
みなさん感想聞かせて下さいね~
  1. 2006/12/01(金) 12:44:19|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。