スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コザカプセル5~7日目 25日、26日のイベント案内

コザカプセル★イベント案内


『屋上菜園での映像カフェ』

日時:3月25日(土) 18:00~20:00
場所:銀天街商店街から徒歩一分の屋上にて(受付にて地図配布)
参加アーティスト小川貴代による映像カフェ「トタンバー」(土壇場)
コザの街を見おろしながら、夕暮れ時を楽しみませんか?
「将来はカフェを営みたいと思っています.記念すべき1号店になるので是非ご来場ください」(小川)


『バショカラプロジェクトvol.2 ドキュメント上映会』

日時:3月26日(日) 13:00~13:30
場所:沖縄市銀天街商店街アーケード
参加費:無料
10月に銀天街で行われた、アート・ワークショップのドキュメンタリー映像を初上映。
参加したみんな!自分がどんな顔して創っていたか、じっくり楽しんでね.(宍戸)

『「コザタカラ」ワークショップ コザのタカラ探し隊』

日時:3月26日(日) 13:30~15:00
場所:沖縄市銀天街商店街アーケード
参加費:無料
「あなたの宝はなんですか?」.町歩きを通して見つけた、自分にとってのお宝を、もっと魅力的に変化させ、また元の場所に戻します. 子どもも、大人も参加して、宝物をいっぱい見つけましょう.いっぱい創りましょう.

『クロージングイベント コザカプセルお茶会&アーティストトーク』

日時:3月26日(日) 15:00~17:00
場所:沖縄市銀天街商店街アーケード
参加費:無料
公開制作をおこなってきたコザカプセルの成果発表の場として、アーティストトーク
その後、一緒に制作をしてきた子どもたちを交えてのお茶会をひらきます.

『比嘉陽香作品展 クロージングセレモニー』

日時:3月26日(日) 17:30~18:00
場所:沖縄市銀天街商店街“セントラル”
参加費:無料
会期を終える本会場でも、作家自身によるパフォーマンスと賑やかなカチャーシーで幕を閉じます。卓越したパフォーマンスで、観客を楽しませる比嘉陽香イベントは、必見です。


20060324230552.jpg
インターネットで情報を知り、飛び入り参加にきてくれた京都の「大枝02」と大阪からの2人・志儀駒貴・武岡俊成 
街をスケッチしたり似顔絵をかいたりしながらの公開制作 アーケードの美術庭が更にパワーアップです

20060324230726.jpg
老若男女ドミュメンタリーマップinコザ
通りかかった方の街の記憶をリアルタイムでマップ化 描いた絵に対して「もう少し..こう.」などのアドバイスがあり面白い

20060324230627.jpg
銀天街に住んで看板屋をやている西泊博光さん すーじーじの写真に触発されたといってスージ(路地)の絵をやはり公開制作 なんだかアーケードで子どもも大人もみんなが絵を描き、物を作り、妙な風景

20060324230656.jpg
屋上映像カフェにむけて、拾い物でのテーブルセットをつくる小川貴代 出来上がりたてのテーブルにて深夜の制作の休憩中

20060324230813.jpg
「まちにせんをひく」
宍戸遊美
銀天街の目の前を走る330号線は、拡幅工事が始まるそうだ。ひっかかる.銀天街の店舗やアーケードも拡幅の計画では一部道になってしまう.将来的な道の境界線には、今どれだけのイメージがあるのだろうか.
公開制作中-境界線はバランというお弁当の中によくある、偽物の草(?)で仕切られていく.

20060324230852.jpg
自作の絵本の読み聞かせをする比嘉さん お話に耳を傾ける子どもたちの表情が生き生きとしていました
スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 00:08:46|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コザカプセル3日目、4日目 ロボタン現る!!

20060323035738.jpg
常連コザチルドレンは、今日も朝から元気に通ってきます.ちなみにこの写真の撮影者は小4男子(デジカメ)

20060323035840.jpg
描く度に集中力と画力がアップ いつも遊んでいる商店街をじっくり観察 

20060323035907.jpg
犬と猫がいる衣料品店は、銀天街の癒し空間.お昼をいただく店主さんの横でネコ&アイドル犬をスケッチ

20060323035931.jpg
皆さんからの街の記憶や発見したモノを絵にしていきます.風葬として木に吊るされた猫、軍道だった頃みた戦車、川を泳いで登校した記憶 をそれぞれが描いているところ 

20060323040034.jpg
「コザのタカラ探し隊」野原大介 ワークショップスタート
街歩きをして宝にしたいものを拾ってきて、手を加え宝を制作し元の場所にかえします.制作場所はタイムトンネルマップの中.アーケードが美術庭になってきました

20060323040112.jpg
拾った木片にお花を描いてもとの場所にもどしました 不思議な存在感 

20060323040131.jpg
ロボタン現る!!!ダンボールをひろってきた小1の男の子の天才的な制作.普段からかなりの人材なんですがまさかここまでとは...気がついたら装着しロボタンになっていました.

出会った頃は小学生だった子もこの春中3に、声変わりして今ではスタッフのように片付けなどをしてくれます.頼もしい.

美術庭に花がたくさん咲いていきます 子どもの制作パワーに負けそう.アーティストがんばれ!!会期半ば、後半戦が楽しみになってきました
  1. 2006/03/23(木) 04:25:05|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二日目・すーじーじ現る?

20060321015954.jpg
「老若男女ドキュメンタリーマップinコザ」スタジオ解放区
タイムトンネルマップ公開制作スタート.会期中にみなさんからのコザの記憶と魅力でマップがうまっていきます

20060321020232.jpg
銀天街&コザの街をスケッチしよう!
「自分のおうち大好き」とブーゲンビリアにかこまれた居酒屋のお家をスケッチしてきてくれました 

20060321023529.jpg
野原大介(通称:大ちゃん)美和
20060321023558.jpg
すーじーじ遊び?
気がついたらコザのウーマク(腕白)三人組が大ハッスル
架空の存在すーじーじを発見したら何故だかよじ登り、肩車状態で鬼ごっこが始まりました.
参加作家の林、野原、早乙女、西村、銭湯の上映会で出会った池田さんまでもがすーじーじに...ウーマク三人組のしつこさは尋常ではないので、みんなヘトヘト.恐るべき子どもたち、愛すべき子どもたち

20060321025741.jpg
銀天街ゆんたくツアー2006「目黒解放区→スタジオ解放区」 菊原清史
今回は郵送参加の作品です.昼は子どもたちのゆんたく広場に、夜は泡盛とともに.
東京沖縄間でひとつの画面を共有していきます.

20060321025800.jpg
「ファインプレー」吉浜聡
一人のど自慢と称し、ラッパーであるさとまんのミニライブ.
歌心に乾杯
20060321025835.jpg
スタジオ解放区に移動 なぜかラップ講座 沖縄は南だからサウスのS

  1. 2006/03/21(火) 02:47:19|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コザカプセル開催中★

3月18日(土)より
地域交流型アートイベント「コザカプセルvol.1」がスタートしました.
26日(日)までの開催となりますのでみなさん!是非ご来場ください.

20060321004542.jpg
始まりは比嘉陽花さんによる作品展示“セントラル”テープカット.比嘉さんとスタジオ解放区は展覧会期と場所が偶然一緒という運命の出会いを果たしたのです.これはきっと何かありますね

20060321004608.jpg
オープニングイベントとして温かなプログラムが続きます.セントラル向かいのお店「三幸」の城間さんも三線でスタートを祝って下さいました.そうざい通りの奥さんたちも集まってきて良い雰囲気です!

20060321005122.jpg
「11枚の絵と2冊の絵本の展示会」比嘉陽花 
空き店舗がすてき空間に変容です

20060321010709.jpg
アーケードに登場した蚊帳空間.コザの日常写真に物語をつけた作品「すーじーじ」(藤森千夏)を読む銀天街兄弟“すーじーじってなんね?!”

20060321004722.jpg
「コザンチュが語るコザの街」
コザ大好き人間の當山さん(コザの街愛し隊・隊長)が、子どもたちコザの魅力を話して下さいました.とてもパワーのあるおくさんです.ありがとうございました~

20060321013521.jpg

20060321012740.jpg
カラテセントラル 写真映像展
早乙女マツコ 西村知巳
近くの銭湯での上映会と写真展示です もちろん一般のお客さんも入ってくるので、みんな?!マーク 中乃湯のまあるい湯船につかりながら、10日間のコザ滞在制作で撮影した映画を観賞 中乃湯さんご協力ありがとうございました いつも癒されてます


この他公開制作もスタートしていきます.
夜のオープニングパーティーでも、クバの頃から活動を応援してくださる皆さんがお集り下さいました.さてさて、これから9日間コザ十字路がアート週間になります.どんな可能性が待っているかな.
  1. 2006/03/21(火) 01:19:13|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま制作中

20060315235900.jpg

営業時間前に中乃湯をお借りしての映像作品の撮影です。
18日からスタートする「コザカプセル」にむけてただいま制作中!
会期スタートに展示される作品と、会期中に公開制作されるモノがあります。
さてさて、みなさんどんな作品になるのでしょうか?!


★会期初日18日(土)の予定

☆作品展示、ワークショップスタート
☆13時より「コザンチュが語るコザ」のゆんたくトークイベントと街歩き
☆17時~21時 中乃湯での上映会
☆19時よりオープニングパーティー(銀天街ゆらてぃく館にて)

18日~26日はコザ十字路がアート週間になります。
みなさん、是非ご来場下さい。



  1. 2006/03/16(木) 00:11:52|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の木

20060310004338.jpg

街の記憶と魅力を集め共有するための「老若男女ドキュメンタリーマップinコザ」
チラシ配布と共にスタートです。
隊長がさっそく街の記憶を書き込んでくれました。
沖縄の風習で、猫が死ぬと成仏させる為に木に吊るしたそうです。
しかも、くちて落ちるまで。風葬です。
すごい状況。今、猫が木からつる下がってたらいたずら犯罪にみえますよね。
風葬で物体が朽ちて逝くまでを見届けるということが、日常にあった時代。
みえないところで野良猫を野良犬を始末せざるをえない現代。

会期終了までに集まるであろうエピソードの数々が楽しみです。
思い出、記憶、発見、夢、過去・現在・未来。
  1. 2006/03/10(金) 00:57:19|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コザ的なが~い1日 3月4日

週末、基地の中と外でフリーマーケットが開催されているらしいのは聞いていたが、今回初めて体験した。
早朝、けっこうな人がやってくる。車は一杯だ。
待たされ、やっとの思いで基地内に通された。
20060306223926.jpg
合衆国に帰国する家族などが、おもいおもいの品をマイカーのトランクを開け、シートを前に敷いて、待ち構えている。
家族構成や趣味、価値感などがみなそれぞれあって飽きない。20060306223948.jpg


使い込んだただの椅子の魅力を限りなくみつけてラップのように叩き売りする人や
自分のひろげた市の前で、交渉の余地なく一方的に踊り続ける人など
自由だった。

基地を出て少し行ったところに、ウチナーンチュの蚤の市的なフリマストリートが展開していた。20060306215056.jpg
古着や食材、置きモノなど、中でも丸のこやインパクトなど中古工具関係が多かったのが面白かった。

昼、フリマからほど近いところで、築100年の古民家の解体があった。
20060306215147.jpg
写真右のチャリはフリマでゲットしたもの。アジア系の若夫婦の使用していたチャリだ。おそろいでもう一台あった。ベビーも乗れる椅子が着いており、当面実用化するアテはないがなぜだか気に入ってこれにした。
20060306215124.jpg
塀の高さが、修正されている。ブロック2コ分の高さを継ぎ足している。継ぎ足された年代はいつ頃からなのかな。
元々の高さは胸くらいだ。現代に比べ昔の人の身長が低いとはいえ、家の中でくつろいでいても、ゆうにストリートからアイコンタクトができただろう。家のつくりも風邪通しのいい開放的なつくりであるし、個人はもちろん、家をも通り越して、地域がひとつの島として、私的な空間のようだったのではとふと思う。他島にでるときこそが公共性を帯びてくる。
と仮定すると、やっぱり戦後かな。あたりまえか。。20060306215201.jpg

個人主義が入ってきてすぐではなく、少しずつシフトしていったのかな。アダムとイブが禁断の果実をかじって以降、裸体を恥ずかしがるようになったのとなんか似てるなア。そういえば、沖縄にもそれに似た古宇利島の伝説があるようだ。。脱線した。
20060306215241.jpg

赤瓦屋根の構造が断層になっててわかりやすい。
垂木を這わせて、その上によしずを敷き、土を被せて、瓦を雄雌並べる。
そうとうな重さだよなあ。
20060306215222.jpg
イヤェイ


午後からは、安慶田小学校創立60周年記念式典
近所の小学校で、子どもたちやPTA、
先生方にはいつも協力して頂いてお世話になっている。
スタジオ解放区では、さまざまな準備、記念Tシャツ、撮影など協力。
銀天街からは、そばやアンダギー、2次会の会場づくりなどだ。
20060306215315.jpg

式典のなかで、銀天街青年部の活動を讃え、感謝状が送られる場面もあった。
20060306215332.jpg
いちおうこうみえても青春真っ盛りの青年部。。
20060306215525.jpg
カメラに取材されてる。といってもわたくしめが撮っているのですが。。
20060306215347.jpg
婦人会のおどりや子どものダンス、教頭先生たちのロックなど、かなり変わった式典だ。
最後には歴代校長も元生徒もぐちゃぐちゃのカチャーシー。

夜はこの日のために準備とシュミレーションを重ねた多目的ホール「ゆらてぃく館」復活オープン。
館長曰く、「何かが始まろうとしている。。」
20060306215414.jpg

マスターと館長。2人は似ている。20060306215429.jpg


20060306215459.jpg
竜宮さながら、乙姫たちの幻想的踊りはエンドレス。
20060306215442.jpg

さすがに目眩がしてきた。

今夜は、ゴヤでもキムチの集まりがある。銀天街からバスでゴヤに移動。パークアベニューにある「せりかの店」に集う。韓国の方が経営する喫茶店だ。ここでは韓国語講座やキムチパーティーをひらくなど、地域の熱い有志たちが支え、交流を促す。20060306215541.jpg
コザにあって、さすが国際交流文化都市の意識が高い。
このあと、活火山のようにとても熱い討論が繰り広げられる。泡盛が注がれたコップも幾度となくこぼれ落ちる。
メンバーのひとりである八百屋さんはコザの精神的支柱。体内の細胞液がマグマでできているような人だ。沸々としてきたらだれにも止められない。

20060306215558.jpg
今話題の「なんだこりゃ~沖縄」の著者、わうけいさおさんもそのひとり。
これを読まずして沖縄は語れない 。→http://www.borderink.com/

このあと、向かいの「コザクラ」に移動。ディープコザの縮図的存在感のあるお店。B級を提唱する。コザの最新コミュニティー発信基地だ。コザクラ→http://kozakura.ti-da.net/

深夜、徒歩帰宅。
とある、コザ的ながい1日の幕が降りる。
銀天街に着くと、安慶田小60周年の気配がまだ残っていたが、明日の為にグッとこらえ、早足で素通り。無事ふとんで休まる。
  1. 2006/03/07(火) 00:19:04|
  2. 解放区☆日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イベントお知らせ

20060303032037.gif

20060303032059.jpg

20060303025332.jpg

  1. 2006/03/03(金) 03:21:45|
  2. コザカプセル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。