スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹取り物語

taketorimonogatari.jpg2006の七夕


来たる、6月28日竹取り作業があります。7月6日銀天街七夕そうめん流しに向けての竹取りです。
毎年恒例で、竹を取りに行きます。2年前に一度、竹取り精神が途絶え、すだれでディスプレイしました。それは悲しいことです。竹取りには人手がいります。5年前に来た当初、銀天街の竹取り作業の面白さに惚れたものでしたが、高齢化は確実に年月を感じさせ、毎年、竹どうするか、と議論が交わされます。

竹取り作業はひとりではできない、地域の老若男女が集い智慧技術を伝承するピクニックなのです。ちょっとしたサバイバル。いくつかの関門を智慧で超え、休憩に山の中でスイカ食べ、関門にハシゴを渡し超え、ロープワークや鉈の使い方ひとつとっても、若いというだけじゃかなわない世界があります。

そして、もちろん竹派としては、竹取りがいかに大事かを押せ押せドンドンで、結局言い出しっぺが竹責任を追うことになり、血気盛んな若い衆をこうして募集することに相成りました。

われこそは、竹好きだという方、6月28日14時半銀天街アーケード広場へお集まり下さい。15時出発です。たのしいぞ~。

竹取りは体力的に苦手だという方、18時頃~銀天街アーケードに竹を生ける作業があります。

8時から映画祭ミーティングの予定ですが、もし早めに来れる方、一緒に汗流しませんか!

作業終わり次第、竹取り慰労会8時からは映画祭ミーティングを行います。ミーティング進行役は藤浩志さんがやってくれるそうです。

さあ楽しい1日になりそうだ!
taketorimonogatari2.jpg2006の七夕
スポンサーサイト
  1. 2007/06/26(火) 19:05:03|
  2. 銀天街からみえるもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎月第3土曜日は銀天街屋台まつりの日

20070521021006.jpg

大盛況!こども昔遊び広場とおかあさんサービスを盛り込んだ今回。


20070521021105.jpg

定番!沖縄そば

20070521021144.jpg

いろんな屋台!出現。ペルー料理から揚げパンからいろとりどり。

20070521021239.jpg

謎の物体出現!おじさんの話しから昔遊びを再現。名前はみんな忘れてる。もしかして当たり前すぎて名前がはじめから無いとか。沖縄限定の遊びかな?


20070521021530.jpg

屋根に投げたプ~カ~ボールをキャッチ。どこに落ちてくるかわからない。何番~といって投げる。呼ばれた人がキャッチ。


20070521021633.jpg

むかし遊びをしよう


20070521021740.jpg

ちょい懐かしいプラバンキーホルダーつくり

20070521021901.jpg

コマ!意外と最近のこどももコマうまい。

20070521021957.jpg

こどもたちのコマ姿にたまらず、家からすぐさまマイコマつくってきて対抗したのが、われらが銀天街ノッポさん。素材は串とへんななにかのプラスチックのふた。ちゃんと色もぬりました。てのひらにのせる技術もさすが!


20070521022100.jpg

おかあさん似顔絵サービスをするはわれらが銀天街西泊画伯。

20070521022154.jpg

ハイ!おかあさんいつもありがとう


20070521022428.jpg

20070521022536.jpg

カトリーヌさんジャグリング披露
20070521030504.jpg

こどもたちも夢中

20070521022613.jpg

カトリーヌこと香取光一郎さんと、石垣勝治さんのライブセッションと豪華!


20070521022814.jpg

ついに銀天街も手作りイベントでここまでできる自力がついてきました。毎月のイベントとは思えない盛り上がりをみせた今回。確実にクォリティーがあがった。コンセプトがまづよかった。いい出会いが花開いた今回。
いままでの蓄積がじょじょに花開きつつある銀天街。
毎回ちょっとづつ試行錯誤の銀天街。
有志が集まりここまでできる銀天街。
人の協力だけでここまでやれるというモデルになりつつある銀天街。
継続はほんとうに力だ銀天街。
未来がたのしみ銀天街。
  1. 2007/05/21(月) 03:16:38|
  2. 銀天街からみえるもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

事件da!?

城間さんから電話が入り
現場(5秒 )に駆けつける

なんと!

そうざい通り三幸前のシャッターが開いているではないか!
そこにはひとりの女性が!
ひたすら掃除をしているではないか!20060128075019.jpg


この光景はどこかで観た事がある。
そうだ、2003年夏「クバプロジェクト発表会2」での、池谷めぐみ(旧姓)の展示準備風景を彷佛させる01.jpg
「すべてを新しくしてしまわないこと」池谷めぐみ(現在:小澤めぐみ)
04.jpg
     「すべてを新しくしてしまわないこと」池谷めぐみ(現在:小澤めぐみ)

シャッターをあけた時、蓄積された時間を壊さぬよう、丁寧に塵芥を選り分け、空間に点在する記憶の断片を拾い集め、ガラスのショーケースに陳列したインスタレーションだ。

双方、元化粧品店であったという共通性。
これはドキドキしてきた。
デジャブ?いや違う。
彼女は、琉大の学生だ。なんでも、国際言語文化学科でウチナーグチが研究テーマだとか。
ウチナーヤマトグチ(大和混じりのウチナーグチ)で描く絵本を製作している。

ここのお店の名は「セントラル」
そうざい通りのど真ん中だ。
そんな彼女にとってこの場所はうってつけだ。なぜなら、そうざい通りはまさにウチナーグチの宝庫、行き交うオバアたちはみなウチナーグチ。隣の「玉城商店」のオバアもさっそく興味をもちだした。20060128082400.jpg
向かいの「三幸」城間さんも若くても、ウチナーグチの名手。黙ってても話しかけてくれるし色々コーディネイトしてくれるだろう。
20060128075107.jpg
驚きはこれだけではない。彼女は単独で3/18~26に展示という計画を立てていたのだ。これは現在準備を進めているコザをテーマとした「コザマップ」の展覧会とおもいっきし期間が一緒なので、一緒にやろうということになった。向こうは大学でたまたま「シチグヮチ」のチラシをみていたので、こちらのことは知っていたらしいが、今日はじめて会った。なんという奇遇だ。


余談だが、かつてこの場所は「シチグヮチ」の練習舞台であった。去年の夏休み、コザの童が皆そろって、ククルティーチ二 ウチアワティ シチグヮチエイサー ウミカキラナ 心ひとつにエイサーをおめにかけるため毎日練習した場所だ。20060128091037.jpg
この写真は練習後に天ぷらをそら高く掲げているところだ。ここではエイサー練習だけでなく、シシマイや三線や劇の創作、天ぷらおやつ会、オバアに応援してもらうなど、さまざまな交流がもたれた。
左手に見えるのが今日、日の光を浴びた「セントラル」
両隣の玉城商店とイトーレ―ターも当時閉まっていた。しかし、シチグヮチ終了直後、玉城商店とイトーレ―ターが開いて、お店を再開したのだ。城間さんいわく、「偶然じゃないさーね」「沖縄ではこういうのカリーがつくといって...」(縁起がつく)と不思議な事が相次いだ。
そして今日のセントラル。
この場所がそうさせるのか、目に見えない動きに気をはらわずにおれない今日この頃。。

wrote:ryouji
  1. 2006/01/28(土) 08:54:33|
  2. 銀天街からみえるもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
つづきを読む

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。