スタジオ解放区

夏 草 や 兵 ど も が 夢 の 跡  かつて、繁栄を極めたコザを舞台に、 忘れられた街コザ十字路銀天街エリアに生息するものたちの生記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

○夜の部 村遊び(ムラアシビ)

第一幕 神々の島

mkami.jpg


白い珊瑚の砂が表現しているのは、珊瑚でできた島。その島をつくるは、おもろそうしの一節。珊瑚の上を撫でるように這いずり回る巨人、自然神。または、アマミキヨ。はるか、太陽から、衛星から、俯瞰した視点から一挙に地上におりる。うごめくものあり。御嶽の生成を表している。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 05:20:48|
  2. シチグヮチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○夜の部 村遊び(ムラアシビ)

    第二幕 ご先祖さまの暮らし
 
 ヒトが住み始めた。ここはかつては水田だった。
舞台に敷き詰められた珊瑚の砂は、農作物をもたらす土へと表現が変わる。
 先頭は、中学になった“あやか”がニライカナイの豊かさをもたらしてきた「まれびと」(よそもの)のような面(東京出身のよそものアーティスト藤森作)をつけ、種をまくような仕草をする。
一幕で、アミニズムの自然神、精霊が表現されていたのに対し、二幕では、人神、祖霊が表現される。
mangam.jpg
そのすぐ後ろから、ちょうど耕す仕草で3名ついてくる。小学2・3年のひなた、りん、みわ、だ。それぞれ夏のワークショップでつくった、自作の面をつけている。将来おじい、おばあになったときの顔をした面。死して、あの世から到来するときの面。石垣のアンガマのようだ。


mhina.jpg


そして、舞台で表現されるもうひとつの側面は、戦後、この水田地帯を土で埋め、道なきところに道をつくってきた方々の姿。種をまき、クワを振りかざすその姿は、転じて、土砂をまき、地を固めていく様子になる。
 この地は、肥沃な水田地帯のため、よく雨で崩れたり、氾濫してきた。逆に、今は舗装され、土を見つけるのが困難だ。水の湧き出るところは、本来埋めてはならない。田舎の方へ行くと、水道が敷かれ、使われなくなった今でも脈々と水の湧き出るところは“カー”(泉)として、拝みの対象であるし、埋めたらさまざまな災いをもたらしてしまう。そして、ここコザ十字路は、まさにそうした水の肥沃な土地であったが、戦後、本来人が生活していたいい土地は米軍基地に奪われ、ひとびとは、不便な山や水田地帯においやられた、と聞く。また、収容所に押し込まれた人々は、本来のふるさとに帰るあてもなく、この地に生きるためのさまざまな努力をする。そのひとつが、街をつくること、道をつくること、学校、公民館、市場、商店街であった。第2のふるさとをつくる、この地であらたな根を張り生きるという念。その第一歩こそ、道なきところに道を作ること。この水田地帯を土砂で埋め固めていく気の遠くなるような、一進一退の手作業だったことだろう。
  1. 2005/09/30(金) 03:34:38|
  2. シチグヮチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シチグヮチイメージ

20050805013623.jpg

  1. 2005/09/30(金) 01:36:39|
  2. シチグヮチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
つづきを読む

プロフィール

スタジオ解放区

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。